天才児の7つの特徴

こそだてぃ|ていちゃん

天才児には7つの特徴があります。「もしかしたら我が子は天才かもしれない」と思っているママパパはぜひ確認してください。

天才児の特徴

ここから天才児の特徴を伝えていきますが、この情報に当てはまるからといって「この子は天才児だ!」「当てはまらないから天才じゃない」と決めつけることは良くありません。一喜一憂せずありのままのその子を見守ってあげてください。

1|天才児は好奇心旺盛!

IQが高い子供や神童と言われる子は色々なことに興味を持ちます。

遊び、音楽、運動、昆虫など挙げればきりがありませんが、とにかく好奇心が強く自分が飽きるまで徹底的に貫きます。大人になると好奇心が弱くなってしまい、変わらない毎日に飽き飽きしている人も多いですが、子供にとっては無縁です。天才児は、一般的な子供よりも感受性が強いため、色々なことに興味が沸きます。

2|集中力が普通の子と比にならない

集中している天才児に、周りのお友達や大人が声を掛けても耳に入らず、本人が気づかないほどの集中力を発揮します。

最近の子供は「集中力が欠けている」などと言われますが、天才児はその正反対です。さらに「読解力が低い」ことが問題視されていますが、集中力が高いということは勉強に興味を持つと読解力も自ずと身につくでしょう。1つのことを突き詰める術をすでに手に入れているため、将来大成する可能性を大きく秘めています

3|勉強が大好き!

天才児は誰に言われるでもなく自ら勉強をします。なぜかというと「勉強を勉強と思っていないから」です。

一般的な子供でも、遊びやゲームなどの好きなことは楽しくてあっという間に上達します。それが天才児にとっては勉強だっただけ、ということです。

4|記憶力がすごい

天才児は、驚くほどの短時間で数字や文章を記憶してしまいます。これは誰がどうみても天才児の特徴なのではないでしょうか。

  • 1度目にしたものをいつまでも覚えている
  • 大人の会話から登場人物の名前を記憶する

このように1度見聞きしたものはすぐにインプットし、忘れることはありません。過去に天才児だったと言われるような偉人達もこの特徴を兼ね備えていた人が大勢います。

5|本が好き

勉強が好きという特徴と似ています。1歳になる前から本に興味を持ち始め、本をいじってみたり、ページをめくってみたりします。

本を読み聞かせすると、イメージを膨らませながらじーっと聞いている様子がうかがえるでしょう。

6|言葉の発達が早い

驚愕のスピードで言語が発達していき、1歳半までに多くの言葉を理解している子供は天才児の可能性があります。

耳が優れている可能性が高く音楽家に向いているかもしれません。言葉を理解するということは、とても複雑でありそれを脳が解読しているということです。一般的な子供は「言葉はコミュニケーション道具なんだ」程度にしか思っておらず、親の表情や動き、言葉の強弱などから判断します。天才児はそれを凌駕します。

7|文字を覚えるのが早い

学習能力が高いため知識をどんどん吸収していき、ひらがな、数字、英語などの様々な文字に興味を持ちます。

文字の意味を理解するには、言葉を聞いて聴覚で理解し、目で見て視覚で理解し、その意味を繋ぎ合わせることが必要です。言葉を覚えるのが早い子供はインプットが早くアウトプットが得意なので、有能なビジネスマンになれるかもしれません。

天才児にも苦手なことはある

一般的な子供でも苦手な分野は必ずありますが、天才児は何かの能力に長けている分、苦手な部分も大きいのが特徴でもあります。

天才児とは言わなくとも、「子供には将来苦労してほしくない」と思うのであれば、本好きにしてあげることがとにかく大切です。天才児を育てあげた親たちは、幼いころから本を読んであげていたり、本と接する機会を増やすことに力を入れています。

ここまで紹介した特徴に当てはまらなくても、子供の吸収力や成長スピードは素晴らしいものです。子供が興味を持ったことには積極的にチャレンジさせて好奇心を伸ばしていくことも重要です。

PAGE TOP