簡単!子どもが楽しみながら自宅でできる英語の教育・学習方法

こそだてぃ|ていちゃん

英語は世界各国で話され、グローバル社会で生きていくためには必須能力です。
当記事を読んでいるママパパの中でも「こんなとき英語が喋れればな~」と思ったことがある人もいるのではないでしょうか?

これからの社会で英語が喋れるということは、その子の今後の人生においてプラスになることでしょう。

海外旅行も楽しめますし、日本に旅行に来た外国人旅行客ともコミュニケーションが取れますし、将来の仕事でも役に立ちます。せっかくなら子どもに楽しみながら英語を覚えていって欲しいですよね。

「その為にはどうしたらいいのか?まず何からしたらいいのか?」について、詳しく解説していきます。

普段の生活の中に英語を取り入れる

幼い頃から英語教育を受ける上で一番効率的とされているのは、「単純な単語やフレーズを日常生活に取り入れること」です。
はじめは「単純暗記」から始めます。

子供が知っていて定着している日本語を、「それは英語にすると○○だね」といった具合で、会話の中に取り入れることをおすすめします。他には、家にある物に英語表記の紙を貼り付けて、いつでもそれが目に入るという環境を作るとボキャブラリーが増えやすいです。

アルファベットの歌のように、英語の歌は自然にフレーズや単語を覚えやすいので子どもも楽しんで学べることでしょう。

英語に接する機会・時間を増やす

自宅で子どもができる英語教育として、「会話中に英単語の確認時間を取ってみる」という方法があります。
以下はその例です。

  • 子どもが自分で英語を紙に書く時間を作る
  • 英単語やフレーズを口に出して言う

日によって、できた量にバラつきが出ることもあるでしょう。

そこで「これだけは自分でやろう」と声掛けをしておいて、その日触れた単語やフレーズをノートに自分で書き出してみる習慣を作っておくと、とても効果的です。とにかく継続が大切なので、無理な目標設定は避けるのが無難です。

自宅で英語耳を作る方法

英語耳を作るには、「とにかくたくさんの英文を聞き流す」ということが重要です。
しかし、「自宅での英語教育としては少し重たすぎるかも」「子供の負担になるかも」と、心配になるママパパもいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが「音読」です。
リスニングと同等、もしくはそれ以上の効果が期待できます。

英語を声に出して読むことで、その発音を自分自身の耳で聞きます。これにより自分の発音を確認することができ、英語を話すことへの抵抗感も薄れるでしょう。覚えるべき単語やフレーズ集などを見つけて、一言ずつ声に出すだけなのでとても簡単です。

まとめ

今では、英語で歌える学習用の歌がYouTubeに上がっているので、無料で覚えることができます。一日の中で、少しでも英語と向き合う時間を作るとより良い環境といえます。

なによりも子どもが楽しんでできる方法を自宅で試してみてください。楽しむことで英語への興味がさらに大きくなることでしょう。

PAGE TOP